PAGE TOP

Product Management
プロダクトマネジメントとは

プロダクトマネジメントという言葉の定義は業界によって様々ですが、一般的には「特定の製品ラインやブランド、サービスについて、既存の製品の管理やマーケティングを行ったり、顧客ニーズを満たす市場にふさわしいサービスや商品を見出し、それらの企画開発を推進することにより企業に利益をもたらす包括的業務」のことを指します。

現在では様々な分野に活用されており、Google等の大手インターネット関連企業をはじめ、様々な中小企業も積極的に導入しています。 事業にインターネットを活用しようとした場合、ただWEBサイトを作って公開するだけではうまくいきません。事業アイデアを元に製品としてどうあるべきかを調査・検証しつつ、企業利益と顧客ニーズを踏まえ、斬新で確かな製品を企画・開発することが重要と考えます。これら一連の作業を一貫してマネジメントするのがプロダクトマネジメントというわけです。

弊社では、様々な企業様の「プロダクトマネジメント」にパートナーとして携わらせていただきながら、メディアをはじめ、プロダクトをクリエイティブの目線でマネジメントし、狙うべき市場に的確に伝えていきます。

BeConnectionが担うプロダクトマネジメント

市場にふさわしいプロダクトを具体的な形にするにはどうすればよいのか、また製品化にあたっての様々な課題をどのように解決するか… それらを検討、解決に導くためのアクション(プロダクトマネジメント)を経営面、及び営業面から戦略立ててeducate(教育する・育て上げる)していくのが、経営コンサルタント・営業コンサルタントの担務だとするならば、我々ビーコネクションの役割は、educateのもうひとつの意味である【能力を引き出す】という考え方にプライオリティを置きます。

それは、それぞれの企業様が本来持っている「強み」「良さ」を細かなヒアリングの中から引き出し、それをユーザーに最適な手法で【伝える】サポートをする、云わばクリエイティブ・コンサルタントと考えていただければ良いでしょう。

一般的に経営コンサルタントや営業コンサルタントは、ミッションが終了した時点でおおよその業務が完了します。

それに対し、クリエイティブ・コンサルタントは、御社の1セクション的な立ち位置(下図)でプロダクトのブランディングをサポートし、改良を加え、クリエイティブな側面をPDCAサイクルに落とし込んでいく役割を持っている、それが弊社と他社との大きな違いなのです。

サービス一覧